« おふくろがシャンソン歌ってた! | トップページ | 急に泣き出したのはう*ちだった! »

自然に親しむのって大事だと思う。

私は岩手の遠野という山のなかで育ったので、山が見えないと不安になるぐらいなのだが、もう東京ぐらしがながいのですっかり似非ナチュラリストです。
今朝の新聞でシェアリングアース協会が20年続いた活動を終えると知りました。
明治神宮などで自然観察会を開催したり、海外のツアーや身近な動植物の図鑑などを出していた主宰の藤本和典さんがご病気療養中のためだそうです。

藤本さんは、NHKラジオの夏休み子ども電話科学相談の回答者で、私は「保育ナチュラリスト講座」講師として芸術教育研究所の夏の芸術学校で大阪や福岡、また信州ツアーの際にご一緒し、大変お世話になりました。
いつも一眼レフカメラと双眼鏡を首に下げて、道を歩きながら、まさに少年...のように昆虫や植物に目を輝かせてその解説をしてくれたのが印象的でした。その弟子(?)の方たちにもお世話になりました。

観察会を五感を使ってあるく「自然感察」として身近な自然に親しむことが大事だというシェアリングアース協会の思想は、どんどん自然から離れてゆくいまのこどもたちにこれから大事になってくるように思うので残念です。

それにつけても、福島のこどもたちはドングリも拾えなくなったんだから、原発事故は罪深いと思いますね!

最後の感察会が今度の日曜日あるそうですので、ご興味のあるかた、ご案内いたします。

http://seakf.exblog.jp/

|

« おふくろがシャンソン歌ってた! | トップページ | 急に泣き出したのはう*ちだった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然に親しむのって大事だと思う。:

« おふくろがシャンソン歌ってた! | トップページ | 急に泣き出したのはう*ちだった! »