« つるかめ大吉一座 | トップページ | 福島、飯舘村文化祭 »

日本のパレスチナ!

明日はかつしか区民大学という生涯教育活動の講座講師。「あそびの達人に3人に学ぶ!」という私は気恥ずかしいタイトルだが私のほか2人は確かにあそびの達人、アフタフバーバンの北島尚志さんと野遊びのプロ中山康夫さん!この3人のタッグマッチは3年めで、じつにオモシロイのですが、主催者さんに「別々に取り組んでも講師3人の言うことが重なってるのよね」と言われます。「あそび観」が一緒なのだと思います。

そのまま、福島市に移動し、今月の福島訪問シリーズ第1弾、全村避難の飯舘村の文化イベントへの参加です。
行く前に個人的に事前学習としてジャーナリスト土井俊邦さんのドキュメント映画「飯舘村第1章」を購入し観ました。パレスチナを長年取材してきた土井さんはふるさとを追われる飯舘村を日本のなかのパレスチナだと言っています。
牧場の牛を失い、家を失い、家族の団らんを失い希望を失う飯舘村が描かれています。
...
オススメです。http://doi-toshikuni.net/j/iitate/index.html

ほいほい福島に通う私に、避難するべき高い放射線量であるにも関わらず、福島は安全だという行政のイベントに行き、楽しいことを行うのは、安全だという誤ったメッセージになりその片棒を担ぐことになってしまうというご指摘もあります。
ある意味、その通りだと思います。しかし、私は東京から避難を呼びかける活動はしながらも、いますぐ避難ということにならないならば、現地へゆき、そこの人にあいたいと思います。

|

« つるかめ大吉一座 | トップページ | 福島、飯舘村文化祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のパレスチナ!:

« つるかめ大吉一座 | トップページ | 福島、飯舘村文化祭 »