« 大阪ビックバン | トップページ | 官邸前に45000人 »

げきじょう企画会議はじまる

本日は子ども劇場首都圏の「子どもの舞台芸術活動交流会。
東京・参宮橋のオリンピック青少年センターにて。

2013年度の例会企画作品説明会があり、そのあと子ども劇場首都圏全体会。明日は分散会など。懐かしいお顔やお世話になった方にもあえますので楽しいです。

私は自分が実演家である前に単純に児童演劇、音楽ファンですので、劇場事務局時代から創造団体のみなさんが集まって作品や創造について語っているのを聞くだけでうれしいのです。ですからほかの団体の時には例会パンフのそのページを開き「ふむふむ」と聞いております。
まあ、地元おやこ劇場の運営委員でもあるからな~。そういえば子どもの頃から「げきじょうパンフ」を見るのが好きだったなあ、とおもいだしました。まだ薄っぺらい冊子でしたが、いまじゃ電話帳ぐらいになってます。いろんな子どものための舞台が増えるのはとてもいいけど、反比例して劇場会員数が減ってることには危機感を感じます。

本日の私的一番は、昔から何かとお世話になっている超ベテラン芸人、「おひとり座」の西川禎一さんのお話を久しぶりに伺えたことでした。

この先、新潟、大阪、広島、山形、、、と「劇場例会企画会議」行脚が続きます。

劇場運動出身者としては「げきじょう」の話には熱くなってしまう傾向があり、逆にげきじょうのひとに引かれてしまうのですが、気をつけつつ熱く語りたいものです(笑)。
写真は新作の舞台衣装を身につけ作品を語る風の子九州の矢野さん!おつかれさまでした!

Photo

|

« 大阪ビックバン | トップページ | 官邸前に45000人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: げきじょう企画会議はじまる:

« 大阪ビックバン | トップページ | 官邸前に45000人 »