« 全児演運営委員会が原発について声明を発表 | トップページ | みんなの保育フェスティバル »

日中友好のあかし

撫順の奇蹟を受け継ぐ会
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/という団体をご存じでしょうか

先の戦争の際に中国で捕虜となった日本兵をそれまで残虐の限りを尽くして侵略してきたにも関わらず、撫順戦犯管理所で大変手厚く保護されたという体験をもって帰国した方たちを中心にもう二度と戦争をしては行けないという主張から、その体験を語り継ぐという団体です。(詳しくはリンクを)

この会が、現在の撫順戦犯管理所あとの記念館の館長などを日本に招い...ての交流ツアーのレセプションで獅子舞などをさせていただきました。

実際に捕虜になっていた方たちもかなりご高齢ですが参加されて、挨拶されましたが、驚いたのは「管理所の**号室はまだ保存されていますか?あの**室にいた4年間は私の人生のオアシスともいえる時間でした。ありがとう」と挨拶されたこと。捕虜体験をこのように語れるということはすごいことだと思いました。

日本人の中国人もこのように一緒に飲み交わせることができる平和は本当に大切だと思うのです。

獅子がくわえているのは、中国のおみやげの福をよぶお守り。
Photo


|

« 全児演運営委員会が原発について声明を発表 | トップページ | みんなの保育フェスティバル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中友好のあかし:

« 全児演運営委員会が原発について声明を発表 | トップページ | みんなの保育フェスティバル »