« 川崎市内の療育センター | トップページ | 0歳から?歳まで »

横山貴央さんの冥福を祈る

「たかおおんちゃん」こと横山企画の横山貴央さんが昨夜遅くご逝去されました。

私は全児演という児童劇団の団体で運営委員をご一緒させていただいていました。
宮城出身で宮城の昔話の語りを中心に活躍していたこともあり、病気と闘いながら今回の震災への文化支援活動にがんばっていた姿が印象的です。

劇団ひまわりから独立し、「一人劇団」ながら児演協にも参画して、児童演劇全体のことも考えていたし、全国の子ども劇場の例会を回っていたので、各地に「横山ファン」の方がいて、企画会議は必ず回り、昨年は交流会で必ず「忘れちゃならない3,11、原発やめろ」と歌っていました。

喜多方の21世紀シアターなどもずっと関わって来ました。

受け継ぐべき物を受け継ぐことで横山さんのご冥福を祈りたいと思います。

|

« 川崎市内の療育センター | トップページ | 0歳から?歳まで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうでしたか。

横山さんの語りを懐かしく思い出します。
いつか葛巻でも、と思っていましたのに…

心からご冥福をお祈りいたします。

投稿: 石井 | 2012年2月 8日 (水) 15時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横山貴央さんの冥福を祈る:

« 川崎市内の療育センター | トップページ | 0歳から?歳まで »