« 福井、まちは劇場! | トップページ | 陸前高田からサンマ! »

幼稚園園庭除染

9月30日は岩手県奥州市水沢区の幼稚園で公演。被災地支援や工事の人たちが入っているためだと思うがまったくビジネスホテルが取れないので1時間も離れた古川で宿泊。しかも喫煙室しかないというので久しぶりに煙くさい部屋で寝て水沢へ。

町村合併でやたらと実感のない地名が増えたが、ここも水沢とよびたいものですね。

お誕生会とセットの上演で子どもたちもかわいくて集中してくれました。

この辺はふくいち事故の放射線、ホットスポットということで園長先生が放射線測定器を買って持っていました!夏休みに園庭の表土をハギとり、埋めたそうです。その名残の築山が園庭の隅にあり、リアルでした。

東電に請求するといってましたが、こどもたちを守るためにこんなことをしなくてはならないことは本当に腹立たしいことです。

浪江町でプルトニウムが検出されたとニュースになっていました。いまごろ発表??きっととっくの昔にわかっていたはず。

青森への移動の途中、花巻で行われている高校の恩師の絵画個展を観に立ち寄りました。

なかなか素敵な絵です。五十嵐彰先生、岩手では有名らしいです。

ここのアトリエの方とも原発の話になりましたが、こんな事態になってるのにまだ原発再開論者がいるのが信じられないといってました。同感です。

明日は青森の保育短大です。雨が降って青森は寒いくらいです。

|

« 福井、まちは劇場! | トップページ | 陸前高田からサンマ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

9月30日は娘の幼稚園に来て下さってありがとうございました。娘は9月生まれの年長さんです。お誕生会はお誕生児の保護者が参観できる事になっていて私も拝見させて頂きました!!
娘はお誕生会をとても楽しみにしていて「楽しいお話ががくるんだって!!」と目を輝かせて家を出ました。よほど楽しかったんですね、普段はソワソワよそ見をしがちな子なのですが、集中してたださんに見入っていました。一緒に連れて行った2歳の妹の方も大きな音が苦手なのでいつ泣きだすか…と心配したのですが、ニコニコ顔で手拍子をしたりリズムを取ったりして本当に楽しそうでした。


もちろん、私もとても楽しかったです。和太鼓の音に心が浮き立つような気分でした。心がワクワクする気持ち、震災以来初めての気がします。余談になりますが…私は陸前高田の出身で、長女がこの幼稚園に入園するまでずっと暮らしていました。高田では毎年夏になると「うごく七夕」「けんか七夕」と二つの七夕祭りがあって勇壮な太鼓・お囃子で山車が町を練り歩きます。秋になると太鼓の甲子園と評された「全国太鼓フェスティバル」が行われていました。陸前高田は太鼓の街でもありました。今は津波で何にもなくなって静寂の街になってしまいましたが…。たださんのお囃子、太鼓に「まさか秋に太鼓が聞けるとは…」と故郷への想いが込み上げてきました。本当にありがとうございました。

余談の余談になりますが…「全国太鼓フェスティバル」は会場となっていた市民体育館が津波で壊滅したので、しばらくは開催できないのかも…と思っていましたが、支援して下さる方がたくさんいらして、今年は名古屋で開催されるそうです。全国のみなさんに支えられ、陸前高田は頑張って立ち上がるところです。
いつか、高田での開催が復活したら、たださんもお越しください。

初めてのコメントなのに、長々と書いてしまい本当にごめんなさい。最後になりましたが、たださんのご健康とご活躍をお祈りしています。

投稿: こちたん | 2011年10月 2日 (日) 07時26分

こちたんさま>

コメントをありがとうございました。
幼稚園での公演を楽しんでいただけたようでうれしいです。

水沢から青森へ移動し、さらに南三陸町を回り帰京いたしました。

陸前高田ご出身でしたか。よそ者のわたしでさえ、陸前高田を津波の1ヶ月後に訪ねたときには呆然としたのですが「ふるさとの街がなくなってしまった」ショックはいかばかりか、想像もできません。こころよりお悔やみ申し上げます。

太鼓フェスティバルやけんか太鼓のことは存じ上げていました。ぜひまた復活してほしいものですね。

またお会いしたいと思います。
お元気で。

投稿: ただじゅん | 2011年10月 3日 (月) 23時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園園庭除染:

« 福井、まちは劇場! | トップページ | 陸前高田からサンマ! »