« 国際高齢者文化祭INソウル報告その1 | トップページ | 宮城県亘理町へ »

芸研スタディーツアーIN信州 報告

韓国チェジュ島から帰国後すぐの5月28日29日、長野県東御市で行われた、芸術教育研究所のスタディーツアーに講師参加しました。http://www.toy-art.co.jp/kenshu/shinshu.html

新宿から貸し切りバスに乗り、保育士さんなどの受講者と講師が乗り合わせ、長野に向かい、現地の方も合流しての芸術教育研修会です。

今年は東京から50人、長野から100人を越える参加でした。

毎年、長野のやまなみ芸術教育の会の方たちが熱く迎えてくれます。

私は4回目の講師参加。毎回新しい発見がありとても楽しみにしています。

今年はうちの子2人もつれてゆきました。

私は分科会、手作り楽器で遊ぼう!を担当しました。あっという間の2時間半の講座を終えればあとは観光気分です(笑)。

おもちゃ作家の「銀河工房」http://www.avis.ne.jp/~g-k-toys/(写真)


を訪ねました。

Photo_4宿泊は別所温泉、これまたふる~~~~い宿でびっくりしましたが、かけながし温泉で暖まりました~。

梅野美術館http://www.umenokinen.com/では梅野美術館いつも対話型鑑賞のワークショップをします。これがとても興味深いものです。今年は視覚障がい者の美術鑑賞(!)のワークショップもありました。研究中だそうです。

台風接近のため、雨の中のバーベキュー大会も思い出に残るものでした。毎年、取れたてアスパラガスの天ぷらと信州牛などおいしいものをPhoto_5たらふくたべて帰京します。

ぜひ来年はバス2台で行こう!と思います。みなさまご参加を!

|

« 国際高齢者文化祭INソウル報告その1 | トップページ | 宮城県亘理町へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸研スタディーツアーIN信州 報告:

« 国際高齢者文化祭INソウル報告その1 | トップページ | 宮城県亘理町へ »