« かつしか区民大学って? | トップページ | 今年もでた~インフルキャンセル »

太鼓だめって言われても、、、

今週は、おもちゃ美術館での打ち合わせから始まりでした。2月に館内でワークショップをします。

18日は毎月の豊島区さくら保育園での太鼓あそび講座。さすが1年近くやってきたので子どもたちはかなりオモシロイ太鼓を叩いて遊ぶようになりました。

夜は全児演関東の新年会IN恵比寿。13人集まり、総会の報告などで交流!今年も無理なく楽しく交流を目指します。

19日は武蔵野市の「0123吉祥寺」で公演。全国に先駆けての乳幼児向け子育て支援施設なので、以前はお父さん講座講師で行きましたが施設の作りなどにも興味津々です。スタッフの方たちがとても気持ちのいい方たちで、幼児おやこが安心して遊ぶ様子が印象的です。座席いっぱいのおやこで楽しんでいただきましたが、帰り際に「良い企画でした~」などと、お母さんたちから声をかけられるのもこの施設の雰囲気からではないかと思います。

その足で芸団協の表現指導者講習のブラッシュアップ講座へ。小学校の実践の検証です。勉強になります。

20日は三鷹市あかね保育園で公演。今年3年目です。昨年も使った会館での公演でしたしかし!!搬入時にカバーに入った太鼓をみて、「あ、このホール太鼓たたけませんよ」!と職員!でた~~!1年に何度かあるこのパターン、新年早々出てしまいました。「「だだすこだんだん」は太鼓の音です」で始まる作品なんですけど、、。(泣)前回場合は大太鼓をやめてしまい小太鼓だけでやったり、昔話や手遊びなどほかの演目を増やしたりその都度対応してきましたが。

「昨年もやったのですが」、といってもとりつくしまなし。では小さく叩きますので、といったが、どれくらいかわからんし。「館長?さんが音が大きいようなら即やめてもらいます」と言い残し公演準備に入る。どうしようか迷い、通常のプログラムにはない「かんたんぱくぱくおしし」紙工作、を急遽準備。

小さく叩いて静かに始め、様子を見ながら結局大太鼓も叩きました(笑)。紙の獅子はおみやげに。しかし当日「太鼓ダメ」といわれると悩みますね。

こんなときに会館により、職員の対応に差が出てオモシロイです(または腹立ちます)(笑)ダメの一点張りで全く譲歩しない方。こういう人はこちらの言い分を聞きません。決まりなので一応言いますが、見て見ぬ振りをしてくれるかた、こちらの話を聞いて一緒にどうしたらやれるのか、どこまでやれるのか考えて相談になってくれる方や、手配をしてくれる方、、。

まあ、つまるところ、主催者の事前の確認不足であるわけですが、概してこういう不測の事態が起こった時はが~~っといい舞台がつくれたりして、そこが生の舞台のおもしろいところですね~。

|

« かつしか区民大学って? | トップページ | 今年もでた~インフルキャンセル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

打ち合わせ事項には「太鼓の音が出ますので、会場に確認」という事項があるのですが。「太鼓の音のボリューム」というのも曖昧なものだし、難しいですよね。

投稿: ただじゅん | 2011年1月21日 (金) 11時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太鼓だめって言われても、、、:

« かつしか区民大学って? | トップページ | 今年もでた~インフルキャンセル »