« 板橋にアラゴン登場 | トップページ | うたごえ酒場 »

新宿区入学時前プログラム

2月は新宿区の入学時前プログラムで入学前の新1年生予定の子どもたちと表現遊びが続きました。

以前Photoも書きましたが、4年目を迎えるこの企画、画期的なのです。新宿区のすべての小学校で実施、親は親向けのプログラムを子育て系のコーチングの団体が担当し、レクチャー。子ども向けプログラムは劇団風の子が担当し、表現的な遊びをして「仲良くなる!」という目的で遊びます。親だけでなく2回も集めて事前に交流させるというのもあまり例がないと思うのですが、プロの劇団が担当しているというのもスゴイですね。

この風の子の活動を手伝う形で私は参加していますが、私は一人で任せられているので内容は自由でいつもの調子で子どもたちと遊んでいます。

やはり、1年生が始まってからの学級運営がうまくいくらしくほかの自治体からも見学がたくさんきます。ぜひ拡がってほしい実践だなあと思います。

ただ、このまま拡がるとおそらくファシリテーターをする講師不足は必至だとおもいます。

また、今年から文部科学省が今年からコミュニケーション体験事業として芸術体験教育に力を入れた事業を始めました。小中学校の授業に芸術家、実演家などを呼び、表現やコミュニケーションの授業をするとい試みです。この活動も拡がることを願っています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/commu/1289958.htm

これも拡がるのは歓迎ですが、ドラマ活動のファシリテーターをもっともっと育てないと拡がらないのだと思います。私も精進したいものです。

新宿の教育委員会の方たちと取り組むのですが、新しい試みだけにいろいろ論議して進めてゆきます。私も参加できてとても勉強になりますよ。

|

« 板橋にアラゴン登場 | トップページ | うたごえ酒場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿区入学時前プログラム:

« 板橋にアラゴン登場 | トップページ | うたごえ酒場 »