« 保育問題協議会 | トップページ | 2010年1月2月スケジュール »

うたごえ喫茶

公演の打ち合わせのついでにその日の夜こんな企画があるのですが、何か出し物を、、というはなPhotoしになり、大田区のうたごえ喫茶に行きました。といっても新宿のともしびのような常設のものではなく、会場を借りて有志で行うもの。南部合唱団という合唱団が進行を取り仕切ります。参加者の平均年齢は高めなものの、呑んで食べて歌ってあっという間に2時間半。私も獅子舞を踊りましたが、出てくる歌の懐かしいこと!おやこ劇場の「青年」の活動をしてたころ歌いまくった青春の歌です~。ああ、カラオケじゃなくてこうやってギターなんかでみんなで歌ううたごえ喫茶!いいですね!復活の兆しなんていわれていますが、本当にあちこちで復活してほしいものです。

きょうは久しぶりに地元陽光保育園のバザーに出られたので、スタッフとしてふぐのひれ酒を作っては売る作業をしました。なんだか楽しい、おいしいふぐのひれ酒、、。炭火で焼いたふぐひれを、あつ熱燗の日本酒に入れて、、、。卒園した子どもたちも同窓会で楽しそう。しかし、年2回のこの行事は楽しい集いでもありますが、この私立保育園を支える財政活動なのです。ああ、日本の貧困。

話は変わりますが、このところ表現指導で関わる小学校の保育園の学芸会を見に行きましたが、いずれも会場を暗くして、転換に暗転(場内を暗くする)を多用していました。暗転は全くいらないとおもいました。もっと保育士や教師は暗転なんかほとんど使わない 体育館演劇を見てほしいですな~と思いました。実際、舞台上演というものになにか固定観念があるようにおもいます。お客におしりをむけるなとか、、もっとこどもが生きる表現活動って本当に課題だなあとおもいます。

|

« 保育問題協議会 | トップページ | 2010年1月2月スケジュール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うたごえ喫茶:

« 保育問題協議会 | トップページ | 2010年1月2月スケジュール »