« 群馬へ | トップページ | 高速料金割引やめようよ »

さいたまにて

さいたま市の幼稚園でまたまた兄弟ユニット「鶴亀大吉一座」のだだすこだんだん上演でした。父母の会の主催で会場ぎっしりの300人の幼稚園児と100人ぐらいの父母。

毎年音楽鑑賞はしてるものの、和ものは初めてという幼稚園でしたが、太鼓が鳴るたびに特に3歳児クラスがなぜか手拍子足拍子でのりのりに、、。楽しく公演できました。

終演後、わざわざ女の子2人が並んで「太鼓をたたいてくれてどうもありがとう」と言いにきてくれました。

明日も午前中埼玉県ですが、午後は神奈川県厚木に移動、おとうさんと幼児のあそび講座です。

|

« 群馬へ | トップページ | 高速料金割引やめようよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

多田様、昨日はお疲れ様でした。

子供達はもちろんですが、親も「和」ものは
なかなか接する機会がないということで、
とても好評でした。
先生達も喜んでいましたよ。

子供達が「和」のリズムにどんな風に反応を
示すんだろう?と興味があったのですが、
感じ方がそれぞれ違って、手を叩いたり、
足でリズムをとったり、うちの子に関しては
その場でグルグルと回ったりして、太鼓の音を
存分に楽しんでいたようです。

獅子舞での年少さんの反応は、面白くもあり、
可哀想でもあり、でもああいう経験をするのは
決して悪くはないですよね。
まだまだ子供達にはわかってもらえないかも
しれませんが、日本の文化、風土、習わし等を
身をもって体験できるいい機会だったと
思います。

私も頭をガブっとしてもらって、とても有難い
経験をさせていただきました。

また機会がありましたら、今度は「和」もの
以外のものも見ることができたらいいなと
思っています。

これも何かのご縁。
これからも末永いお付き合いをよろしくお願い
致します。

本当にありがとうございました。

投稿: akiko | 2009年6月20日 (土) 09時50分

akikoさん>コメントありがとうございました。お世話になりました。
楽しんでいただけたようでうれしいです。
獅子舞は怖いけどいわゆるホラーとか暴力的な怖さではないのでこどもの時に出会っていていいと思う怖さですね。私も生まれの岩手でお祭りの鹿踊り(ししおどり)がとても怖かったのですがいまではその体験がとてもよかったと思っています。男鹿半島出身の方が本当になまはげは怖かった~~っと行ってました。
またお会いできるのを楽しみにしています~

投稿: ただじゅん | 2009年6月20日 (土) 21時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたまにて:

« 群馬へ | トップページ | 高速料金割引やめようよ »