« 桜が満開 | トップページ | 春がきて子どもたちは »

自由が丘を歩く

目黒区の講座の打ち合わせで自由が丘に行きました。東京に住んでいても行動範囲は限られていてなかなか行かない場所があるのですがもの自由が丘はすごく久しぶりに行きました。なんだかやっぱりおしゃれですね。気のせいかバギーに子どもを乗せて歩くお母さんまでおしゃれ!

約束に遅れて行ってしまったのでお詫びに買った差し入れのクッキー屋さんも実におしゃれでした。先入観か?これは一体なんなんでしょう?板橋とは明らかに何かがちがう!(笑)打ち合わせのあとちょっとうろうろ(ぶらぶらというより)してしまいました。18歳から26才まで東横線沿線に住んでたんだけどなあ。すっかり板橋人!

打ち合わせは9月からの「ボランティア養成講座」だったのですが、高齢者施設に行ってパフォーマンスをするという内容でつまり「なんとか一座」を結成して出し物を稽古するということに!これは楽しそうでしょ?私はその演出指導というわけです。たぶん出演もしてしまいますね。楽しみです。

先日、映画「つりきち三平」を観に行きました。漫画が原作らしい極端な展開もあるものの楽しめました。原作を読んでも感じますが、今のデジタル機器に囲まれている子どもたちに比べて自然を相手に考え、工夫することを子どものころに全力でできる三平(たぶん秋田出身の原作者そのもの)は本当に「豊か」だと思います。今の子どもたちにもそんな豊かさを、、と思いながら観ました。

「板橋茶論(サロン)」http://wadayu.21dez.org/index.php?e=142という社会の問題を語り合おうという集まりに今月の話題提供者として「保育園民営化から見える板橋の子育て」を語りに行きました。父母の会連絡会の役員をしてる関係ですが無我夢中でやってきた保育運動も気がつけば報告のできる人になっちゃいました。、たまにこういう機会があると自分の活動を理論整理できるのでよかったです。

喜多方21世紀シアター参加決定しました。8月7日~福島県喜多方市、詳しくはまた。

|

« 桜が満開 | トップページ | 春がきて子どもたちは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由が丘を歩く:

« 桜が満開 | トップページ | 春がきて子どもたちは »