« ぴいぴいどうどう | トップページ | 賢治講演会のお知らせ »

信州スタディーツアー

芸研の企画で信州スタディーツアーというのに講師参加。といってもこのツアー、講師と受講者が同じバスで東京から信州に行き、地元にいる講師と受講生と泊りがけで交流して学びあうというすごい企画なんですね。

新宿を早朝出まして、上田市へ向かいます。私はまったく久しぶりの観光バスでした。すでに参加者の保育士さんたちと交流しながらの道中。

自由画教育の画家・山本鼎の記念館を訪ね、
地元の参加者と「子どもアートセミナー」。
鬼学講座、群読、版画、絵画指導、自然感察、手づくりおもちゃ。
に並んで私の表現あそびのWS.保育士に混じって高校生の参加が新鮮でした。

夜は囲炉裏のある古民家での交流会。地元コマ回し名人登場、劇団先輩の落語などの出し物大会、私もいわてべんむかしばなしをやる。

さすが長野は教育県!と思わせる先生たちがいて、持ち込んだ資料の昔の子どもの絵が圧巻でした。

2日目は早朝から農場見学。同行した自然感察会藤本さんという方がすごい!歩く自然辞典みたいな方でNHKのラジオ子ども科学相談の回答者をしてる方なのだが偉ぶらず本当に自分が感動しながら解説する。学ぶところ大の先生でした。いつか、この方が主催する海外自然観察会に参加してみたい!!

最後にやった絵画館にて対話型鑑賞教育のワークショップというのがとても興味深いものでした。
1枚の絵の前でみんなで感想を対話しながら鑑賞してゆくというもので、それをすすめるファシリテーターの学芸委員の熱心さに圧倒されながら、劇表現教育にもまったく通じるところがありすごく面白かったです。ショップで早速関連図書を買いました。

いろんな方と話せたし、そばも食べたし、浅間山もみられたし、楽しいお仕事でありました。
Sany0033 Sany0034 Sany0031_2

|

« ぴいぴいどうどう | トップページ | 賢治講演会のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州スタディーツアー:

« ぴいぴいどうどう | トップページ | 賢治講演会のお知らせ »